この「Hanako」の表紙はずるい。

hanako_shizuka

ハートを磨く。カラダを磨く。
その隣にしあわせはある。だから
女を磨け!
女心をくすぐるキャッチコピーの下に
しずかちゃんの顔。


え?

「女を磨く」ってテーマにしずかちゃん?
どゆこと??

小さい頃から見ていた「ドラえもん」の中のしずかちゃんは
おしとやかで、お風呂好きなイメージしか残ってなくて。
いつの間にか歳を抜かしてたから
わたしの中ではいつまでも少女で・・・


憧れの対象ではなかった。

「しずかちゃんを見習えと。なぜ?hanakoさん?!」

気になって仕方なくて買ってしまいました。


しずかちゃんに学ぶ「しあわせの掴み方」


出木杉よりものび太。
しずかちゃんと同じ選択をあなたもできますか?
・・・確かに。

何でも完璧な出木杉くんと、優しいけどダメダメなイメージののび太くん。

どちらでも好きな方と結婚できる、と言われたら
やっぱり出木杉くんを選びたい。


だいたいの女性はそう答えますよね?

でも、ここでのび太を選んだしずかちゃんの知性は素晴らしい、と
経済アナリストの森永卓郎さんは語っています。
これから起こる経済の変化を見据えても、のび太くんを選んだしずかちゃんの選択は正しいと思います。
出世する人というのは力がある人よりも可愛がられる人。
最終的にはのび太くんが勝つんだと思います。
しずかちゃんはそれを見抜く知性があったんですね。
しずかちゃんレベルの女性だったら、ほかにもたくさんの誘惑があったはずなのに。
それをかいくぐって、自らのび太くんを選択し、行動に移す力はすごい
それこそしずかちゃんの魅力でしょうね

現時点でのステイタスだけで判断しない。
本質を見抜く知性が、しずかちゃんにはあるんですね。


しずかちゃんの結婚への決意が凄まじい


知っていましたか?
しずかちゃんからのび太くんに逆プロポーズしたってこと。

その言葉がこちら。
そばについててあげないとあぶなくて見てられないから。」






もう、エンジェル過ぎるでしょ。しずかちゃん・・・!

わたしなら、絶対こんなこと言えません。危ない人と結婚したくないです。


のび太、プロポーズまでしずかちゃんに任せてどうするんだよお前は。
と、怒りを覚えたのは秘密です。




更に、大久保佳代子さんのこの言葉で、しずかちゃんのプロポーズの理由が腑に落ちました。
一度惚れ、面倒をみた男は見放さないと決めたしずかちゃんの根性は見上げたものですよ。
「私がいないとダメね」と、必要とされ、求められ、女は強く美しく輝くのです。 

自分の選んだ相手の人生にまで責任を持つこと。

相手を信じて支えるって、なかなかの根性と知性がないとできないものですよね。


ましてやアイドル的存在で選択肢も多かったしずかちゃんが、
のび太を選び、支え続けた。


そんな深い深い理由が、「ドラえもん」にはあったんですね・・・
幼心では気付きませんでした。



ドラえもんの映画、「STAND BY ME」。
23歳の今だから観てみようと思います。

 


最後に、名言を1つ。
結婚前夜にしずかちゃんのパパが、しずかちゃんに贈った言葉。

のび太君を選んだ君の判断は、
正しかったと思うよ。
あの青年は決して目立った
取り柄があるわけじゃない。
しかし、人の幸せを願い、
人の不幸を悲しむ事が出来る。
それが人間にとって
1番大切なことなんだからね。
彼ならまちがいなく君を
幸せにしてくれると
僕は信じているよ。
そしてそんな彼を選んだ君を
誇りに思ってる


これを言った父と、聞いた娘の気持ち。
何度読んでも泣ける