やまもといちろう、あの『ウワサ』のDMM会長・亀山敬司に直撃!
に、行ってきました!!

お恥ずかしながら・・・亀山会長のことを知ったのは
2月のちゅうつねセミナーの登壇者だというこで、告知を聞いた時が初めてで・・・!

どんなにすごい人なのかって、把握しきれてないのですが
メディアに素性を明かさない方で
こういうイベントはとても貴重みたいなので。

しかも100人限定で、無料とのこと!
何のセミナーかは一切読み飛ばして、爆速で申し込んだ次第です。

このイベントを教えてくださった、塚原さん!ありがとうございましたー^^!!
当日、お会いできず残念・・・><

やまもといちろう、あの『ウワサ』のDMM会長・亀山敬司に直撃!
この亀山会長の似顔絵は、なんか胡散臭い雰囲気が漂っているんですが(笑)
(なんとなく、けっこう似てましたけど笑)
とてもさわやかで、ダンディーな方でした。
 
聞き終わっても、テーマがよくわからないくらいには
ざっくばらんなお話を聞けて楽しかったです♪

個人的に主に感じたこと・考えたことは3つです。
  1. 大きな金額を扱う感覚ってどんなかんじなのかなー
  2. 「商才」無いけど頑張ろう
  3. やまもといちろうさんの相槌は天才

1.大きな金額を扱う感覚って、どんなかんじなのかなー


亀山会長のお話を伺って、思うのが
とにかく扱っている金額がデカい!!!!

50億がどうした、とか
先行投資が○億で、維持費が年間○億だから
早めに見切りをつけたら損失は○○億で済むから~・・・とか。

DMM.comはグループ総売り上げ1000億以上。

こんなに大きな組織では、
こんな大きな数字を動かせるのだ・・・ということを改めて認識して

大企業の経験が無く、
数百万を動かす機会もなかなかないわたしは
小さいところにまとまってるんじゃないかなーという危機感を覚えてしまった。
 
今いる環境は小さい金額でも、1人でとって回せるからこそ、
独立したときに再現性があると思ってるんだけどね。


大きな金額を動かせて成功している人は、1つ1つの言動で人にたくさん学びを与えてくれる
とても大きな人なんだと思います。

そんな人と知り合える機会が少ないのは
間違いなく大きな機会損失。

じっとしてちゃだめだ。
もっといろいろ動かないなあと。焦った次第です。



2.「商才」無いけど頑張ろう


亀山会長は、お父様が経営されていたお店を
幼いころから手伝っていたそうです。

なので、自分で「稼ぐ」という感覚などが
幼いころから培われてきたそうな。

仕事で、製造業の社長にインタビューをしてて
同じようなことを聞いたのを思い出しました。

「すみませんけど、単価上げてください」中野実業/平川弘美社長のピンチをチャンスに変えるメソッドとは?

この社長、わたし、大好きなんです。
大胆な行動の裏には緻密な計算があって・・・。
パズルのピースがはまるように、面白いくらい物事が進んでいくんです。

たくさんの生々しいエピソードを、赤裸々に語ってくださって
「何でも書いても良いよ」って言われたんですけど
書きにくくて仕方なかったのと、スペースの関係で泣く泣く割愛に(笑)

本当はめちゃくちゃ書きたかった・・・!

育ってきた環境と、商才は確実に関係すると思います。


わたし、自己啓発本が好きで、よく読むのですが
「わーーすごい!自分もがんばろう!」って思う一方で
自分と著者の違い探しをして、「ああ、この人はもともとすごい人だったんだ・・・」っていう部分を発見しては
勝手に「自分なんか…」って思って
しゅんっとして、読んだことも忘れるのが過去の自分だったのですが

今回は、親が経営者じゃなくてもわたしは諦めるんじゃなくて、
デキる人にへばりついて学ぼう!って。

無意識に、こう変換できるようになって
自分を褒めてあげた一件です。


逆に、自分の子供はこんな感覚が養えるように育てたいな。



3.やまもといちろうさんの相槌は天才


対談、すごく面白かったです。

それで、思ったのが
亀山会長の特異なエピソードをさらに面白くしたのが、
やまもといちろうさんの「軽快な相槌」だな、って。

コミュニケーションに苦手意識があるわたしは
「なぜ面白いのか」などを観察してしまうタイプなのです。

過去の例がこちら
【#ちゅうつね】「伝え方が9割」の佐々木圭一さんの話し方が1番気になった話


よくよく聞いてると、やまもとさんが言ってることは基本的に同じでした。
  • なるほどね
  • えーーーーー
  • あーーーーー
  • はいはいはい
  • うん
この5つをリズムよく合いの手を入れることで、
お話付きな方を、気持ちよくすることができそうです。

(この「~できそうです」は、佐々木圭一さんからパクった言い回しですww)


続いて
汎用性のある、ちょっと踏み込んだ相槌
  • なんでそうなったんですか?
  • やっぱそういうの大事なんですか?

この2つで、相手の話を引き出せそうです。
営業で使えそうです。

(しつこくパクる)


やまもとさんの相槌が、個人的には面白かった。

何でも当てはめようとするの、癖なんです。
もっと応用の効く人間になりたい・・・!



対談の後は、ちゅうつね卒業生の榊原さんと食事へ~
レッジャーノ
恵比寿の「レジャーノ


偶然にも!
先週、店の前を通って、「ここ行きたいな~」って心の中でつぶいてたお店だったので、
行けて嬉しかったー


榊原さんは教育関連のビジネスを立ち上げ中。
それに対する想い、めっちゃ熱くて共感しました。

特に
「石の上にも3か月」になってきてる、っていう話
「学校教育は続けるのを良しとして、辞めることを教えていない」という話

わたしもこれまで生きてて、すごく実感するところ。

今後また、まとめて熱く書きたいな~




帰りに、こんなサプライズが・・・!


素敵なお店です。

また行きたい^^