2月6日(金)に主催しました、

栃木県にゆかりのある人を集めて飲み会して語ろうよーという会。
「栃木ゆかり飲み」!!

栃木ゆかり飲みTOP


こんな経緯で、企画しまして 
【栃木】「栃木県ゆかり飲み」を企画した理由について【告知】

前日までに、こんな感じになりまして
【栃木】「栃木県ゆかり飲み」開催前夜。柄にもなくイベントの幹事&集客をして思ったことと決心したこと

期待と不安と興奮の中、迎えた
当日の感想をば。


一言・・・
やってよかったです!!!ほんと! 



発信しているところには、人と情報が集まるもの。
というのは、よく言われていることですが

それを体験しました・・・

途中震えるくらいに。



誰でもできることなのに、
気恥ずかしくて仕方ないくらいに評価してもらえました。

やりたいことはあるけど、何からすればいいのか分からないって方へ
何か参考になるように。

今回の出来事から学んだことを、シェアしていきたいと思います。


なぜわたしが企画したイベントに栃木で活躍している方々が来てくださったのか。

これが開催前の最大の謎だったんですけど。

栃木県にゆかりのある人達の集まりは
ずっと前からやっている方々がいたらしく。

既に大きなコミュニティが存在していて
その中の人が、わたしのイベントを発見して共有してくれたからでした。


初めは警戒されていたみたいです(笑)
「自分たちのコミュニティがあるのに、なんだこいつら」って。
文字にすると怖いんですけど、
ちゃんと笑って言ってくださったので、わたしは気にしてないですw


そう思われてた理由なんですけど

わたしはあまりにも見切り発車でゆかり飲みを企画したので
全く市場調査はしてなくて

悪びれず、どどんっと告知していました。


でも、それが逆に良かったなあ、って。



下手にいろいろ調べてたら
「あ…もうやってる人いるんだ…」って。

意外とチキンなので、わたしは「仲間に入れてもらおう」と考えて
連絡をとろうと試みたと思います。

それで繋がって、一緒に活動できたらいいですが
メンバーに加わったところで
その他大勢に埋もれるのが関の山で。

本当に話したいひとには、言葉を選ばずに言うと、
見向きもされないんじゃないかなあ・・・って。



わたしの直感はここ数年、はずれまくってるんで
あまり信用できなから、しっかり頭で考えてから行動したいところなんですが

今回ばかりは
知らないことで強気の行動に出ることができて。
かえって良かったな、って思う一件でした。


想定以上すぎる高評価をもらえた

思い切ってやっちゃってよかったなーと思う理由は
「想像以上の高評価をいただけた」ことにもあります。

先に
【栃木】「栃木県ゆかり飲み」を企画した理由について【告知】

でも書いたように、本当に、全然大したことをした覚えはないんです。

ただ、自分が栃木の繋がりが欲しかっただけ。

地元カンパニーさんの「ゆかり飲み」の事業に共感して、やってメリットしかないと感じたので
「やる」って言って、
facebookイベントページを立ち上げただけ。

それなのに、「こんな場をつくってすごいね!!」って
たくさんの人に言われました。


どうしてこの場を開こうと思ったんですか?
お仕事は何をしているんですか?


ただ、飲み会の幹事をしただけなのに
「なんかすごい行動力を持ったヤツがいる」という前評判が起きて
まるで何かすごいやつのように扱われて、いろいろ聞かれました。


そして、とんとん拍子で

2015年中に実現できるといいな…という目標に挙げていた「講演会の登壇」と
数か月後の目標に挙げていた「栃木のキーマンに会って話すこと」が
実現の方向に向かっていくのです。

(※本当はゆかり飲みを、3か月に2回ペースを1年くらいやって
これくらいの成果を挙げられるんじゃないかなーって見積もってた。良い意味で裏切られましたw)



でも、実は何が1番すごいか。恵まれていたか。って
考えてみたんですが・・・


今回、参加してくださった
既に栃木でご活躍されている方々の情報感度と好奇心。
新参者を受け入れてくれる器の大きさがすごいんだと感じています。

特別なイベントがあったわけではない飲み会なのに、その情報をキャッチして、
どこの誰が主催だかわからないのに、参加表明してくれて、
なんか頑張ってるね、って評価してくれる。

本当に有難いし、素敵な方々だなあと思います。




そこで敢えて、いやらしい話をすると・・・

既にあるコミュニティに「入りたいです!」って挙手するよりも
まず自分でやって、こうやって目立って実績となったことが
すごく大きいなあ・・・って思いました。

いちメンバーとしてジョインした人が、
「イベントで話さない?」って聞かれることはないと思います。


なので、ざっと素早くいろいろ考えて(前述の通り、わたしは自分の直感がすこぶる信じられないので)
まずはやってみる!


状況がわからないことを、やらない理由にしてたら
いつまでも前に進めないし、
やっていたら情報が集まることもあるんだなーということを体験したので

やりながらじっくり考える。


このスタンス、汎用性があるんじゃないかなと思います。


特に、地方でのコネクションを持ちたい方は
これと同じようにすれば何かしら前進するんじゃないかなーと思うので
おすすめです。


ほんと、今後動くうえでいろいろ勉強になったし、
本当に栃木での繋がりが持てました。




以上!

ぜんぜんただの一般人が
さも成功者のような口ぶりで成功哲学を説いてみた。という話でした!

言ったからにはやらねばーという、
自分へのプレッシャーにするんですww

今後もこんな感じでお付き合いくださいw