㈱地元カンパニーさんの事業に便乗させていただいて、
「栃木ゆかり飲み」というイベントを企画しました!!

栃木ゆかり飲みTOP
http://www.jimo.co.jp/event/yukarinomi/11337/ 

主旨は、
「栃木県にゆかりのある人が集まって、地元の話でもしてまったりするための飲み会です」
みたいに言ってますが

真のコンセプトは
わたしが将来、栃木で仕事したいので仲間になってくれそうな人を探してます

ってことです(笑)


最初なので、あまり企画とか決めず。

ゆるく集めたらどんな人が来るのかなーと思って
それも楽しみで。
敢えて多くは語りませんでした。

どうなることやら(笑)


今日からFacebookを中心に、本格的に宣伝していくので
どういう会なの?きっかけは?みたいにいろいろ聞かれることになると思うから
事前に思考を整理しておこうと。

まずはこの記事を書きました。


何がきっかけで企画したの?って話


もう転職する気は全く無いんですが(笑)

定期的に覗いてる求人サイト「ウォンテッドリー」で
「地元カンパニー」という企業を見つけたことから始まりました。

地元カンパニー
URLはこちら
https://www.wantedly.com/projects/12325

この記事の、以下の部分がわたしの心に
深ーーーーーーく、深く、刺さったのです。
地元はいつでも帰ることができる場所です

お盆や正月に帰省して、ゆっくりして 
部活の仲間と会って酒を飲み、自然に触れ英気を養う 
とても大切な場所です

「地元はいつでも帰ることができる場所」という言葉 
耳障りはいいが、そんな虫のいいことってあるのだろうか

地元は自分以外の誰かが支えてくれています 
消防をやっている同級生や、農家のおっちゃんたちが 
ただ、地元に帰るたびに元気がなくなっているような気がする 
店が閉まり、学校が統合され、夜は早い 
残っている人たちで支えきれるのか

自分たちは何をやってきたのか 
高校まで育ててもらって、大学から東京で暮らして、やっと稼げる大人になったにもかかわらず、自分の能力は、地元と全く関係ない企業に提供し税金は東京に納める。 
にもかかわらず、お盆と正月にだけ帰省し、ゆっくりする 
享受するばかりで、貢献はしない 
そして地元に元気がなくなっていることを嘆く

こんなことしてれば、地元はどんどん減ってしまいます。 
だから、気付いた人から動いていかないとって思います

小さな動きでも良いので 
地元の産品をfacebookでシェアする 
ふるさと納税の手続きに役所へ行く 
お盆と正月以外にも帰る。会社の同僚を一緒に連れて

誰もが気軽に地元貢献に参加できる 
そんな社会にしていきたいです。

地元が好きなので、地元がいつまでもあって欲しい。でもそれは誰かが知らないうちに、維持してくれるのではなく、自分が参加することでしか実現できないんだと思います。

というか、参加するから楽しくて、楽しいから元気が出て、だから続いているんだと思います。
「そんな虫のいいことってあるのだろうか」

ぐさーーーっときました。
何度読んでも良いですね、この文章。
心がメラメラします。

ライター募集の求人だったんですけど
文章を書くのは、本職でもこのブログでもやってるので
ちょっとな・・・と思ったものの

この会社の話を、もっと聞いてみたくなって
会社説明会に参加しました。


地元カンパニーの児玉社長のお話、すごく熱かったです。

「地方の人はもれなく、地元に帰るべき」と断言していて、
めちゃくちゃ尖がった意見で、面白かったです。

わたしも、「地方で若い人が輝いて働く場所をつくりたい」っていうミッションを決めているので
なんか通じている気がしました。


そして、出会ったのが「ゆかり飲み」という企画。

「ゆかり飲み」とは?

コンセプトはこんな感じ。

「あなたの町のゆかり飲み、やりませんか? 幹事募集中」
http://www.jimo.co.jp/arranger-wanted/
地元の為に何かしたい、このまま指を咥えて見ているのは嫌だ、という気持ちをお持ちでも、”何から始めればいいかわからない”そんな話になりがちです。

そんな方々に地元カンパニーがいつも提案しているのは、”ゆかり飲み”の開催です。ゆかり飲みとは単純に、ある地域の人が集まった飲み会です。つまり、自分の地元にゆかりのある地域の人だけが集まる飲み会の幹事をやってみましょう。ということです。
ほほう、簡単だなあ、と。

わたし、栃木で何かやりたいくせに栃木の友達あまりないなーと思っていたので

説明を受けて
幹事やることを即決しました。

(ここだけの話、4人以上の飲み会の幹事さえもしたことないんですけどね)


この会社説明会は「サンカク」というサイトから来た人達もいたみたいで
※サンカクとは
「仕事を辞めずに、成長企業の経営にサンカクできる」というコンセプトのサービスです。
https://sankak.jp/ 

「ゆかり飲みの運営に関する意見などを聞く会」でもあったようなんです。

わたしはそんな主旨はつゆ知らず。


「いやー・・・幹事になるハードルが高いですねぇ・・・
誰も集まらなかったら・・・って思うと・・・
幹事になるハードルを下げることも何か考えてはいかがですか?」

↑こんな意見が飛び交っていて

え?
何言ってるの

どんだけ小心者なんだよ、っていらいら。


早くやってみたくて、
完全にナチュラルハイになってしまいました。


わたしの心の中はこんな感じです


「つべこべ言わずに、うるせェ!!!!やろう!!!!!」
うるせェ!!!いこう!!!
チョッパーを仲間にするシーンがエンドレスで流れてました。


そういうことを言うための会だったみたいなんですけどね(笑)
集まりの主旨、知らなかったので。


会が終った後に児玉社長に
「栃木でやります!」と宣言。

facebookを交換して、会場を後にしました。


その直後、帰りのエレベーターで出会ったのが、
共同幹事をすることになる、河野辺くんです。

「僕も出身栃木なんですよー」
という1言で、MAXハイテンション!!!


お仕事何してるんですかー?とか
お互いに栃木への想いを5分ほど話して・・・

「一緒にゆかりのみ@栃木やりましょう!!」って誘いました。

河野辺くんも二つ返事でOKしてくれたので、
今に至ります。


なので、「ゆかり飲み@栃木」再告知

栃木ゆかり飲みTOP

http://www.jimo.co.jp/event/yukarinomi/11337/


あ!本当はfacebookイベントページで申請してもらえると助かります。↓↓
https://www.facebook.com/events/401535593334709/?ref_dashboard_filter=hosting


告知前ですが
個人的に会った方には宣伝していて。

栃木にゆかりのあって起業関連に詳しい方、
2名の参加も決まってます!!

あと、facebookでイベントページ立ち上げた時に
タイムラインに流れたらしく。
それを見た高校時代の友達2人も、興味を持ってくれてたり。


意外と!!
なにか実りのある飲みになりそうです^^


ぜひぜひ、奮ってご参加ください♪♪

なにか分からないことは鈴木まで!! 


よろしくお願いします!!!