実家暮らし最高

学生生活もあと4ヶ月・・・
それと同時に、23年間住んだ実家を離れて新生活が始まります。

初の一人暮らしです。
広々とした居心地の良い田舎の実家に23年間もいると、ダメですね。
かなり悲観的です。

新卒の初任給でできる生活レベルなんて、高が知れるじゃないですか。

今まで家に当たり前にあったものが無い生活・・・
それを脳内シュミレーションしては、不安と寂しさに打ちひしがれています。

では、わたしが一人暮らしをすることによって離れるのが寂しいものベスト3を聞いてください。


第3位:食べ物


ちょこれーと


冷蔵庫を覗いて、
「あ、大好きなチョコレートがある♪」

なんてこと、一人暮らししたらないんですよね・・・
自分で買ったものしかないんですよね・・・

充実した冷蔵庫内を見て、好きなものを探す幸せ。
毎日の楽しみが減りますね。悲しい


第2位:買い貯めてきた本・漫画


たくさんある本マンガ・・・


これ切実に悩んでいます。
突然読みたくなったら、昔の本で調べたいことができたら、皆さんどうしてるの?

ananのバックナンバー全部持っていきたいけれども・・・!

本の取捨選択、今から悩んでます。

第1位:足を伸ばして入れるユニットバス


足が伸ばせるバスタブじゃないといや

1日を締めくくるバスタイム。
湯船に肩まで浸かってぼーーーーっとする。ほんと幸せ。

23年間そうしてきました。

わたしは一般的な一人暮らしの現状を知って、愕然としました。

ほぼ毎日シャワーで済ますのが普通だということ。(節約で)
バスタブは足を伸ばせる広さもないこと。
シャワーを出す度に、温度調節しなければいけないこと。
トイレとバスが別ってだけで大喜び、というレベルだということ・・・

これは本当に忌々しき問題。
せまいお風呂じゃ生きていけない、とさえ思っている。


まとめ



ほんとわがままに育ってしまいました。

カウンセリングを受けたことがある程度に
わりと本気で閉暗所恐怖症なので、せまい部屋は無理なんですよね
っていうのは置いておいても。


ああ、早くユニットバス付きのマンションに引っ越したい。
早くそのくらい稼げるようになりたい。

働くモチベーションにします。