地方の若者が輝いて働ける場をつくりたい!


わたしはそれを実現するために、これから活動をしていくわけなのですが。

実行する上で肝心な
  • どうやって提供すればいいんだろう。
  • 「輝いて働ける」ってどういうことなんだろう。
というところがまだまだまだ「?」のまま・・・


あかん!!!情報収集だ!!!!!

と、日経ビジネス(No.1752)を読んでいたら
既にそれを目指して活動し、成果を挙げているNPO法人の存在を知りました。



それは岐阜県のNPO法人「G-net」です!!

G-netサイト

やったこと

岐阜県内で働きたいと思いつつも、地元の企業の存在を知らない大学生と、
若者を採用したい優良企業のマッチング。

どうやってやったのか。

「若者が選ぶ魅力的な会社100選」という情報誌を大学生に無料で配布。

会社を選出する手順は

地元の金融機関や商工会議所へのヒアリングや、自薦他薦などで1500社の企業を選出し、
その中から新規採用を募集する企業を絞りこみ、大学生200人が投票。
その結果でトップ100を決め、大学生が自ら企業の現場に行って社長や社員に取材し、記事にまとめる、

というもの。

ウェブサイトはこちら。
若者が選ぶ魅力的な会社100選

その他にもインターンシップ活動の支援や、採用イベントの開催などもしています。

どんな基準で100社を選んだのか。

G-netサイトに、企業を選定する基準が掲載されていました。
1.挑戦し続ける企業
 環境に流されず時代に合わせて仕事を生み出し、変化を生み出し続けているか

2.魅力的な経営者
 経営者のビジョン、コンセプトに、経営者として、そして「人」としての想いが感じられるか。

3.G-netへのビジョンへの共感
 G-netが掲げる地域活性、地域のコミュニティ形成、若者育成に理解・共感をいただけているか

4.自信を持って勧められる
 G-netコーディネーター自身が「弟子入りしたい!」と心から思えるか

5.適切なプロジェクトを組める
 若者の力を活かし、若者が魅力的に感じるプロジェクトや機会を設計できるか

6.適切なソリューション提供が可能
 企業の持っている課題がG-netが提供するソリューションで応えることができる課題か

勉強になった点

岐阜県に本社がある企業は83000社あるのにも関わらず、
リクナビ・マイナビに掲載されているのは200社以下だそうです。

中小企業も若い人材を採用したいけど、求人の情報掲載料の負担が大きくてなかなかできない。

就活生が「地元に就職先がない」と思うのは無理ないですよね。
知る手段が無いんですもん。

わたしも地元の栃木県にある企業、全然知らないです。


G-netさんは実際に就職先を選ぶ立場の大学生に、企業選出や取材を担当させ、
企業を選ぶ視点を身に着けさせている。

大学生と話をすることで、企業も何かしら刺激を受けるだろうし
Win-Winでめっちゃいいですよね~


「魅力的な企業」の定義としては
企業としての将来性、人の魅力、若者が活躍できる環境にあるか・・・
といった内容でした。

将来性がないと不安に繋がり、
人間に魅力を感じないとストレスに。
活躍を求められていない環境だと、フラストレーションに陥る。

この3拍子がそろってたら確かに優良企業だな、と。
3度の就活を経験したわたしもなるほど、と。思った次第です。


代表理事の秋元祥治さんも、この活動を13年前からしていらっしゃる。
こんなにも多くの企業や、学生を集めたプロジェクトが実現したのも長期的な活動の賜物なのですね。

これからも、G-netさんの活動を追っていきます!


***

2014.10.28 追記

代表の秋元さんのインタビュー記事を発見したので共有します。

「半年間は、給料がゼロでした」NPO法人G-net・秋元祥治さん―起業家七転び八起きvol.3